So-net無料ブログ作成
検索選択

マンガ&ドラマ 久保ミツロウ「モテキ」 [本]

モテキ.jpg

久保ミツロウ先生のマンガ”モテキ”がドラマ化されることが発表されました。
テレビ東京の深夜枠で森山未來さんが主演だそうですが、主人公のイメージに合っている気が
します。

マンガは単行本が3巻まで出ていて、ちょっと前まで講談社の「イブニング」に連載されていたの
で単行本4巻そろそろだったかな~、ドラマ化とかあるのかな~と思っていた次の日に単行本の
最新刊発売とドラマ化発表だったのでびっくりしました。単行本は昼休みに早速購入。
実は青年誌を中心に結構マンガ好きでいろいろ読んでいます。

それにしても最近はマンガ原作のドラマ化が本当に多いですね・・・。

作者の久保ミツロウ先生は実は女性なのですが、優柔不断で煮え切らない草食系ヘタレ男子を
描くのがとても上手いです(笑)前作の少年週刊マガジンでも連載された海上保安庁の特殊救難
隊を舞台にしたマンガ(渋い・・・)”トッキュー”も読んでいましたが、絵も上手ですし登場する女の
子もかわいいと思います。女性作家だけに女性の心理描写も上手いのですが、良くも悪くも赤裸
々な女性の心理描写も多いので、これには読んでいてちょっとキツイなど賛否両論あるのだとか。

”モテキ”は主人公の30歳を目前にした派遣社員の藤本幸世君が、いままで全然モテなかったの
に、突然女友達からのお誘いが来て・・・ひょっとして「モテ期」かとそうはうまくいかず、恋愛下手
で悶々としたり自己完結したりとじれったいヘタレぶりを発揮するも、少しずつ周囲の人と関わって
成長していく物語・・・です。

男の人にはどこか藤本君の要素があると思うので、結構感情移入して読めます。恋愛の内容も決
して「めでたし、めでたし」といった展開では無いので現実的でちょっと辛いかもしれませんが、その
分いるよねこういう人、あるよねこういうこと、といった共感できる場面があります。ただ4巻の最後ま
で読んだらちょっと寂しくもなってしまいました。リアルな恋愛&成長物語で心に”刺さり”ます。単行
本は結構売れているようなので共感を呼んでいるのでしょうね。

マンガとしては他のマンガのネタがちりばめられていたり、音楽ネタが出てきたりと別の形で楽しめ
るのも特徴です。その中で大江千里の「格好悪いふられ方」 が出てきて昔好きだった大江千里を
思い出して他の楽曲も含めて聴き入ってしまいました!

さてドラマがどんな感じなのかちょっと楽しみです。
nice!(0) 
共通テーマ:コミック

のぼうの城 [本]

天下統一を目指す豊臣秀吉は北条氏を滅ぼすべく関東へ向かい小田原城を包囲した。
一方石田三成は北条氏の支城を落とすべく秀吉の命を受け武州へ向かう。
各城が落ちる中、忍城(現埼玉県行田市)は農民たちを含めた数千の兵で三成の数万の兵
を相手に善戦し、秀吉お得意の水攻めにも落ちず、遂には小田原城が落城しその後やっと
開城した。

秀吉の軍勢が唯一落とせなかった浮き城がその忍城。

という史実を基にした歴史小説が和田 竜「のぼうの城」です。
父の死で忍城城主になったのは農作業も満足にできず、領民からも「でくのぼう」から「のぼ
う様」と言われていた成田長親であったが智も仁も勇もないにもかかわらず人気があった・・・
という設定の歴史小説ですがテンポよく読み進めることができてなかなか面白いです。
実際通勤の電車内で一気に読んでしまいました。

石田三成が水攻めをしても落ちなかった関東の支城・忍城の史実も痛快ですが、小説の登
場人物も個性豊かです。この作品は映画化を前提にしているのと「美味しんぼ」の作画をし
ていた花咲アキラ氏によって漫画化もされています。

2336715

一方同じ題材で先に書かれたのが風野 真知雄「水の城 いまだ落城せず」でこちらも元は
同じ史実を扱いながら登場人物のキャラクターや脚色が違っているので両方読むと面白い
です。

2336716

”歴史”小説としては「水の城」が、話の展開や読み物としては「のぼうの城」が良かったかな。
実際にどんな様子であったか細かい真実は分からない部分もありますが、破天荒な話であっ
たことは史実からも間違いなさそうです。それにしても私の地元忍城の水攻めの話は意外と
知られていなくマイナーですね。

出典:
「のぼうの城」 和田 竜 著 小学館
「水の城 いまだ落城せず」 風野 真知雄 著 祥伝社文庫
nice!(0) 

新潮文庫 イマイと申します。-詐欺を追いつめる報道記者- [本]

2087986

以前に日本テレビ「報道特捜プロジェクト」で放送された悪徳業者に電話をかけ
続ける”イマイ記者”の本ですが、文庫化されたので読んでみました。

話のいくつかは番組で見たことがあるのですが、電話の相手が脅したり怒鳴った
りしてもひるむことなくイマイ記者は電話をかけ続け、ついには詐欺を認めさせた
り降参させたり、さらに根性を認めたのか「一緒に仕事をしないか!?」なんてことも。
詐欺自体は笑えないですがイマイ記者のはぐらかした電話の話と相手との掛け合
いは笑えます。

見ているほうがハラハラする位なので自分にはイマイ記者も悪徳業者も出来ない
な~

出典:イマイと申します。-詐欺を追いつめる報道記者-
日本テレビ「報道特捜プロジェクト」著 新潮文庫
nice!(0) 
メッセージを送る