So-net無料ブログ作成
検索選択

阪九フェリー「つくし」船内グルメ [乗り物]

年末に大阪の泉大津から北九州の新門司へ向かう阪九フェリーを利用しました。
配船は「つくし」で「2等指定B(洋室)」という二段ベッドの客室利用です。

阪九フェリー2等指定B.jpg

4名定員の部屋を3名で利用するため貸切料金を払って貸切利用にしています。

乗船後アナウンスがあり、レストランや売店の案内の他、パイシューを販売しているとのこと。
パイシューは阪九フェリーの名物ですが、キャンペーン期間中で通常150円のところ100円
で販売だそうです。

阪九フェリーパイシュー.jpg

ということで早速買ってきました♪

開店時間になったのでレストランに行ってみます。
カフェテリア式でいろいろなメニューが並んでいますが、ホルモン鉄板焼きをオーダーしてみ
ました。オーダーしてから作ってくれるのでアツアツです。別にごはんなども追加しましたが
ごはんはおかわり自由。生ビールもキャンペーンで空のジョッキを持っていくと二杯目以降
350円でおかわりできるサービスをやっていたので、せっかくだからと二杯目を・・・

阪九フェリー鉄板焼き.jpg

明石海峡大橋を通過します。

阪九フェリー明石海峡大橋.jpg

この日は大みそかだったため、特別メニューとして通常営業後のレストランで年越しそばの
販売がありました。

阪九フェリー年越しそば.jpg

天ぷらもアツアツで美味しかったです。

その後ゆっくり寝て早朝新門司港入港前に前日に売店で予約しておいたパンを受け取ります。
阪九フェリーでは船内でパンを焼いていて予約をしておくと用意しておいてくれます。
もちろん予約していなくても販売していますし、レストランも営業しています。

阪九フェリーパン.jpg

瀬戸内航路は通常は揺れることも少ないですし、客室スペースも他の交通機関と比較にならな
いほどゆったりしていて、サービスも充実しているのでおススメですね。
運賃も安くちょうど夜行バス代わりにも使えます。
nice!(1) 
メッセージを送る